寒い時は注意

水と薬とマスクと体温計

治療困難とされていますが、医療の発達や技術によって改善を行います。脳動静脈奇形を直してもらうなら、技術の高いこの医師が安心です。

寒い冬の時期になると、心筋梗塞による心臓発作で倒れる方が急増します。そもそも心筋梗塞というのは、体内の血液の流れが止まって、心筋が懐死してしまう病気です。病気でもたらされる主な症状は、胸部の激痛、吐き気、息切れなどがあります。 ほとんどの方は、心筋梗塞というと中高年の病気というイメージをもたれています。しかし、最近では30代から40代の若い世代で発症する人も珍しくないです。 なぜ冬に患者が増えるかというと、主に気温の影響です。冬は気温が低くなることで、常に血管を収縮させて体を温めています。このように血管が収縮した状態が続くことで、狭くなった血管を通るときに血行不全をおこしやすくなります。その結果、血圧が上昇してしまうので、心筋梗塞が起こりやすくなります。

冬場に心筋梗塞にならないためには、特にお風呂に入るときに注意が必要です。お風呂は気温の寒暖が激しい場所なので、心筋梗塞になりやすいと考えられています。注意することは、あまりにも熱すぎるお風呂に入らないことです。冷たい体で一気に熱いお湯に入ると、血管が急に拡大して高血圧になりやすいからです。ですので、冬のお風呂は42度以上のお湯を避けるようにします。 また、風呂場の脱衣所は、冬場は冷えていることが多いです。風呂で血管が広がっている状態のところに、急に冷えた脱衣所に入ることで一気に血管が収縮してしまいます。なので、対策としては、入浴前に脱衣所を暖房で温めておくことです。温めることで気温の差ができるのを防ぎ、血管の急激な収縮を防ぎます。

生活を見直す

3本の注射器

病気になってしまった場合、専門の科を受診して治してもらうのが最適です。しかし、病気にならないように自分で予防する事を忘れてはいけません。健康体を保つ為に体の仕組みや病気の原因などを知りましょう。

Read more

理解することが重要

紙粘土で出来たお医者さん

ヘモグロビンa1cと糖尿病の関係は密接で、サプリメントによってコントロールできるほか、食事制限や運動によって改善できます。そこで、まずはその存在について理解することが重要なステップです。

Read more

飲みやすい

袋から出た処方箋

美味しさを追求した青汁ならば、苦味が苦手な方でも安心して飲む事ができます。今では飲みやすさを重視した商品も通販で販売されており、お子様にも気軽に飲める商品が増えてきています。

Read more

オススメリンク