飲みやすい

袋から出た処方箋

いつの時代も野菜不足を補うための健康食品として愛飲されている青汁ですが、近年の通販では特に飲みやすさが重視される傾向にあります。一言で飲みやすさと言っても、色々な要素が含まれている事がポイントです。まず、口の中に入れて舌で感じる味わいについてです。決して苦みが先行する事はなく、ほのかな甘みを感じられるような抹茶味に仕上げているのが一般的です。ただ、甘過ぎると言うのも健康食品としては不十分で、むしろ精神的な意味合いも兼ねて野菜を体に取り入れている感覚も維持できるような製品が望まれています。多少は野菜特有の青臭さも残しておいて野菜感を楽しみながらも、味に違和感のない、舌に入れて回してもおいしいと感じられる青汁が通販では求められているのです。

青汁には豊富な種類があり、その成分や味もかなり違うのですが、飲み物としての摂取のしやすさにも違いが見受けられます。特に注意したいのは、お年寄り・子どもと言った飲みにくいものに抵抗のある人達です。通販サイト内の商品紹介欄ではあまり語られないのですが、青汁の溶けやすさに注目してみて下さい。通販では普通、粉末タイプにして売られていますが中には粉っぽくて水に溶けにくいものもあります。お湯で溶いても中々粉っぽさがぬぐえないようなタイプも存在するのです。いくら栄養価が高くて味も良くて安い、と言ってもこの粉っぽさのせいで飲めないと言った事例が実際にあります。融解のしやすさやドリンクとしての摂取の難易度について、特にマイルドな飲みごたえになる商品を見つけて下さい。