理解することが重要

紙粘土で出来たお医者さん

ヘモグロビンa1cという言葉を知っていますか、これは血糖値と同じく糖尿病の指標のひとつであるものなのです。糖尿病の怖さについては知らない方はいないでしょうが、血糖値に関しては知られていても、ヘモグロビンa1cに関しては知らないという方が多いかもしれないです。それではそもそもヘモグロビンa1cとはいったいどういったものであるのか、それについて簡単に説明したいと思います。 ヘモグロビンとは、血の赤い色素を指して、その赤血球に含まれているタンパク質のことで、酵素と合わさり体内に酵素を届ける重要な役割を果たすものなのです。そのヘモグロビンにグルコース、血糖がくっついたものがヘモグロビンa1cになるのです。

それではこのヘモグロビンa1cの基準値を超えると何が問題なのかというと、糖尿病のリスクが高まってくるということになるのです。それなら血糖値だけを調べればいいじゃないかと思われるでしょうが、ヘモグロビンa1cが血糖値と違うのは、直前の食事の量や時間、内容に左右されないということで、この特性によって血糖値よりも正確な数値を計ることができるのです。 ではヘモグロビンa1cが高い場合はどうすればいいのかというと、素直に専門医に相談することで、治療に取り掛かっていくのが一番なのです。基本的には糖尿病予備軍と同じ対応でよく、適度な運動と食事制限に励んでいけば、自然と数値が落ち着いてくれるので早めの行動が大事なのです。